カテゴリー別アーカイブ: LEXUS GS

空気圧センサー

社外品をつけると空気圧警告表示がされるという今度のIS300h。そう言えば以前乗ってたGS450hにもついていたそうな。でもスタッドレスを買わなかったので関係ないので知りませんでした。

ということで少し調べてみると、タイヤの空気圧や温度を知らせる空気圧センサーが付いたバルブが純正ホイールには装着されていて、その情報をクルマの受信機に送信するとのこと。従って純正ホイールだからと言って装着しただけでは受信機がセンサーを認識しないそうです。

例えば昨日ヤフオクで見かけた空気圧センサー付きの純正ホイールのスタッドレスをつけることを想定した場合について考えます。各ホイールに装着された空気圧センサーのセンサーIDが分かっている場合であれば、ディーラーでセンサーIDをクルマの受信機に登録してもらえばいいようです。ではセンサーIDが不明な場合はどうかというと一回タイヤをホイールから外して各センサーIDを確認する必要が出てきます。

ということでなんとかなりそうではありますが、一番気になるのは空気圧センサーを認識していないときの挙動です。小さく警告灯が光る程度なら無視すればいいだけですが、ディスプレイに表示されっぱなしで他の情報が見れないとか、警告音が鳴りっぱなしなんかだと、我慢できないでしょうねぇ。

でもいずれにしてもスタッドレスを買うなら純正ホイールにしておいた方がよさそう。

iPhone騒音計アプリ

iPhoneの騒音計アプリを使って昨日CT200hの騒音を計測してみた。使用したアプリはdBMeter Pro。ただ計測するだけでは面白くないので事前に計測しておいたGS450hとの比較グラフを作ってみた。

comparing_dB

当然日は違うけど、通ったルート、時間帯はほぼ同じ。所要時間は多少CTの方がかかったけど時間の尺を合わせたのでほぼ同じ場所での比較ができていると思う。

極端に値が低いところは信号などで停車中なので無視するとして、パッと見はあまり変わらない感じ。ただ、よーく見るとなんとなくだけど、CT200hの赤線がGS450hの緑線より上にあることが多いようにも見える。ちなみに黄色いところは両者重なっている部分。まぁ事実としてGSの方が静かなんだけど、CTも健闘してるんでは?

2日目の印象として感じたのは、RX450hと音の聞こえ方がすごく似ているということ。踏んだときのエンジン音とか電車音の大きさとか。昨日も書きましたがRXとの差はあまり感じないから静粛性は良好かな。

因みに今回使ったdBMeter Proは250円の有料アプリ。このような計測結果グラフを表示してくれたり、グラフ画像をメールで送ったり、さらには計測データをcsv形式でメール送信なんてこともできちゃう。ただしあくまで簡易計測器なので、実際の騒音レベルと合ってるかどうかなんてことは気にしないほうがよさそう。何かと比較する程度がいいんじゃないかね?

CT200h納車!

今日、CT200hが納車されました!

レクサス店までの道のり、れくとくんこと、GS450hとの最後のドライブも終わろうとする頃、なんだかとても切なくなってしまった。やはり今まで乗った中でももしかしたら一番お気に入りのクルマだったかも。1年ちょっとの付き合いだったけど、総走行距離19,595kmなのでかなり乗った方。新しいオーナーに大事にしてもらえよ、とお別れの言葉をかけた。

れくたくん

ということでCT200h。注文時何の迷いもなく、色はブラックオパールマイカにしたんだけど、実はこの色、ほとんど見たことがなくカタログでなんとなくイメージしてた程度。納車室に置かれたMyCTを見るやいなやこの色にしてよかったと実感。パッと見はブラックだけど光の加減や強さなどで紫色が現れるとても綺麗な色。それと気にしていたブラウンの内装・シート。これもドア開けて見てすぐ、よかったこの色にしてとまたまた実感。ブラウンの内装にオプションでつけたバンブーのパネルはよく合っている。

れくたくん

そして納車式。ノンアルコールのシャンパンで乾杯し、普通はクルマの説明となるわけだけど、レクサス車乗り継いできてることもあり、落ちる装備はありますが新しい装備はないですから説明はいいですかねとSCさん。でもちょっとグサッと来た、まあ事実だが。でも試乗した上でコンパクトだけどれっきとしたレクサス車だと感じ、何よりダントツの低燃費ということで乗り換えたのだから、クラスが落ちたと思うつもりはないのだ。

引継式

写真撮影して自分恒例の引継式。引継式とはクルマを並べて写真撮影しつつ、荷物を移動させるだけのことですが、ずっとやってきる。

レクサス店出るときに、DRL付きLEDフォグ、モデリスタのバックドアガーニッシュ、TVキットを追加で注文しといた。そしていざ帰りのドライブに出発前にシートポジションを調整しようとしたんだけど、ずっとパワーシートだったのでやり方がよくわからず。やはりクラス落ちた感。。。まあシートポジションなんて一回合わせればそうそう変えるもんじゃない!

レクサス店出たら東北道、磐越道、北陸道、関越道と500km超のロングドライブをして帰るのがレクサス車にしてからの恒例。さて出発。うーん、なんだか試乗したときより五月蝿い感じが。タイヤが新しいからか。あと乗り心地も試乗車より硬く感じる。あとは燃費。今日500km走った後の燃費がどれほどまで行くのかとても楽しみだ。一般道を走っていて感じたのがEV走行の上限速度がGSよりかなり低いこと。RXも低かったけどそれより2~3km/h低い感じ。正直運転しずらい。GSとはまた違った運転をしないといけないのか?EV走行していないときの瞬間燃費は20km/Lよりはるか下なのでこれで20km/Lに到達できるのかちょっと心配。

高速に入るとまた予想以上に瞬間燃費はよくない。やはり100km/hは出しすぎ?85km/hまで落とすといい感じなんだけど。まぁ最初からあまり気にしても仕方ないので90~100km/hくらいで行くことにした。

新しい装備はないとさっき書いたけど、実はあるのだ。プリクラとレーダークルーズコントロール。査定に乗らないオプションは付けない主義だったので今までのどのクルマにもつけたことがなかったのだ。レーダークルーズコントロール、いいよー、ホントらくちん。今度は逆に、これだけでクラスが上がった感

高速での静粛性(といっても100km/h程度)だけど、やはりGSには全く適わないもののRXとはそれほど大きな差を感じない。

今日のドライブで感じたこと、すべて書くと長くなるのでまた次回にすることとして、結局今日の給油後平均燃費は22.4km/L。初日にしてはまあまあかな。過去GS納車時にほぼ同じルートで走ったときが14.8km/L、RXのときが12km/L程度だったのでその差は歴然。まぁこのくらいでないと乗り換えた意味がないし。

最後にMyCTにつけた名前ですが、れくたにした。れくたくんをよろしく!

GS450h HDNデータ

TNP_history_201305

CT200hネタばかりなので、今日はれくとくんことGS450hのネタ。5月のHDNデータである。この季節になると燃費は上がってくるねー。31日は18.4km/Lで過去最高でした。これがCTになるとどうなるのかだな。

 

これまでの総合だと平均燃費は14.5km/Lで燃費の順位は5791台中389位!悪くないです。トップ10には2km/L以上の大差ではあるけれどGS450hなりのTNP運転はできているということかな。

2013-06-09

レクサスカード決済

SCさんから連絡がありカード決済をしにレクサス店に出向く。いざ決済しようとしたところ、なぜか融資限度枠範囲外とはじかれてしまうとのこと。

実はレクサスカードはGS450hを購入した時までは、新車購入時のカード決済による還元ポイントをそのままその新車に適用できた(つまり値引きのような感覚)のだが、現在はそれは適用できなくなり次回新車購入時に適用となった。GS450hは乗りつぶす気でおり、あまり旨味を感じなくなったためメインのカードはレクサスカードから日々お得感を感じるヨドバシポイントカード+に変えたのであった。先月のレクサスカードの支払いも2,000円ちょっとの状態なので限度額から10,000円も引けば楽々枠内に入るはず。なのになぜ?

あっ!」とSCさん。「有効期限が切れてますね~」。やってしまった!メインのカードから外したために、新しいカードに交換し忘れていたのだ。しかしなんとか事なきを得た。電子決済してくれたんだけど、そりゃそうだよね、ネットショップでもできることがディーラーでできないはずがないし。じゃあ399万円でお願いしますと依頼するもまだだめで、知らないところで次年度分自動車保険の引き落としが10万くらい入っていた。結局388万で決済し、ポイントは77,600円キャッシュバックされるので納車後LEDフォグに充てようと思ってる。これでポイントはほぼ使い切ることになるので、レクサスカードともおさらばしようかな。

あと納車時期だけど、早ければ6月の8か9日、間に合わなくても翌週末とのこと。楽しみだぁ。

ウエルカムキット

20130512-190521.jpg

11時に宇都宮のレクサス行ってハンコなど手続き。ウエルカムキットもきていてもらってきた。もう何度ももらってるので別に見るべき内容はほとんどないけど、オーナーズカードがあるとマニュアルがwebで見られるようになる。納車前によく読んでおこうか。
GS450h下取りではなく買い取りになった。これによって売り買いが別々になって、CT200hは一旦レクサスカードで決済することになり、ポイントが3%還元されるので約400万カード切ると12万キャッシュバックされるのだ。それでディーラーオプションのLEDフォグランプを付けちゃうつもり。
帰りは天気がいいのでコール宇都宮の湯に寄って日サロ天。

まさかのCT200h

注文したCT200hイメージ 今朝レクサスに電話して担当SCにクルマ変えようかなと思ってるから話聞きたいと伝え、ついでに1年定期点検も予約してレクサスへ。点検中に話聞いて本命はプリウスであることや査定もしてもらってることも伝える。あくまでも仮定の話だが買い取って貰う金額によってはCT200hもあるかもと言うようなトーンでベースグレード想定の商談。燃費重視だから15インチのタイヤがいいこと、ベースグレードだとヘッドランプがハロゲンしか選べないよと言われるが、金額も重視してるから別にそれでもいいこと、CT200hにこの純正フロアマットは高すぎるから付けなくていいことなども伝える。

するとSCさん、下取りだけで買えちゃうかもしれないとの発言。ウソマジで?GS450hいくらで取ってくれるんだ?そろそろ結果出てるかなとSCさん一旦裏に引っ込み再び登場、査定はなぁんと580!なので今の見積りがローン残債が171なので追金は出ず、5万位戻ると。するとSCさん、LEDヘッドランプを勧めたいとのこと、なぜならハロゲンがちょっと暗いんだとか。へー、そうなのか。でも追加で金かかるのもなぁ、一つ上のグレードのバージョンCとベースグレードとの差額は20万、オプションでLEDヘッドランプ付けると105000円で30万の追加が必要、さっきの見積りで5万あるとしても25万の追加出費はねー。じゃあ下取り25万アップしてよ4台目だし、と頼むとなんとかしますとまた裏に入って戻ってきてきょう決めて貰えるならだって。これってすごいかもしれない。いくら一年しか乗ってないとしてももう16000km走ってる740のクルマを605で取ってくれるなんて予想だにしなかった。これ多分他で査定してもらってもよくて550位出れば御の字、昨日のとこでも500だったとしたらマジでプリウスどまりだったかもしれない。それがここにきて、ベースグレードでもキツイと思ってたのがバージョンC、しかもプリウスの場合でも迷ってたプリクラッシュセーフティシステムとレーダークルーズコントロールの147000円、クリアランスソナー42000円、ボディーコート94500円付けてである。うわー、まさかのCT200h大浮上!

CT200hインテリア

急激に盛り上がる気持ちを抑えここは少し冷静になろう。と言うことで試乗をお願いする。用意されたのはバージョンC。乗り込んでの第一印象、プリウスとは比べものにならない上質感の室内空間である。走り出すと、かなり静かで、RX450hよりも静かな印象。乗り心地も悪くない。プリウスはタクシーには何度か乗ったがゴツゴツ感が結構あったとおもう。スポーツモードにしてフルアクセルを試みたがなかなか進んで行く感じがしないのは当然、GS450hと比べること自体意味がないが思わず、そうだよね、と笑ってしまった。まあ普通に走る分には充分である。総じてなかなかいいクルマ。やはりコンパクトなプレミアムなのだ。プリウスじゃ恐らくこうはいかない。試乗を終えて決めますと回答。

ボディーカラーはブラックオパールマイカ、内装はブラウン、納期は早く6月上旬とのこと。まさしく想定外な一日。

れくとくん査定

今日はれくとくんこと、GS450hの査定にいってきたんだけど、金額は確定せず。確かに昨年の3月に発売された新しいモデルってのもあるが、中古車市場にデータがないって。なのでよく調べるために時間下さいとのこと。俺のやつのグレードはIパッケージっていうやつでメーカー希望価格は740、なので400何十から500くらいかと言うことだ。出来るだけ早くプリウスに変えちゃいたいんだけど、この分じゃちょっと時間かかりそうだ。でもネットで調べた時は500以上とはかいてあったんだが。500切る感じで言われちゃうと予定が狂うな、正直。でもれくとくん、減点するところは全くないとのこと。そりゃそうだ、大事に乗ってるしね。ちょうどれくとくんも1年定期点検の時期だから、レクサス行ってプリウスのレクサス版、と言ったら差はあるが、
CT200h検討してるとか言って査定してもらうかな。ただオークションよりレクサス店の査定が上回るとは思えないけど、参考程度に聞いてみるのはありだろう。

プリウス

最近またクルマ乗り換えようと思って話聞きにクルマ屋さんへ行って来た。第一候補はプリウス。第二候補はアテンザ。まぁ気持ちはほぼプリウスなんだが。もしかしたらアクアもありかも。今のれくとくん、ことGS450hは凄く気に入ってるけど、これからの人生考えたらムダが大きすぎる。ゼイタクってこと。安らかな生活をしていくには維持費がかかるのはいけてない。プリウスも、候補のグレードがいくつかある。ベーシックなSの特別仕様車のSコーデかSツーリングセレクションコーデ、G’sといったあたりか。でも今日話聞いたらコーデで商談しても最後通常仕様にする人が多いとか。価格差11万だから、その分オプション付けた方がいいかもしれないということだ。そうかもね。あと実は本命のG’s。結局ベースがSツーリングセレクションだから差額の約40万円は、査定と関係なし。今回はマジで乗りつぶす気だから関係ない、っちゃー関係ないんだけど、損とも言える。ならどうする?楽しい悩みは増すばかり。