カテゴリー別アーカイブ: iPhone

iPhoneの画面録画

ドローンの空撮動画などyoutubeで観ると、空撮時のスマホアプリの画面をピクチャーインピクチャーしているのをよく見ます。

どうやってるのかな、アプリ側で何らかの設定するとアプリ画面も同時に動画として記録されるのか?と疑問に思ったので、調べてみると、iPhoneに画面収録という機能がありました。なんだ、そんな簡単なことだったんですね。

Apple PayでSUICA

そういえば、iPhone 7 Plusに変えたかった理由がもうひとつありました。SUICAです。

これまでとっくに使わなくなったAndroidスマホ、IS12SHのおサイフケータイをずっとSUICAのためだけに使ってきました。iPhoneに初めて変えた時にAndroid端末の契約は解除してるので、WIFI接続してSUICAにチャージとかして使ってきましたが、なにせ、2011年夏モデルとそうとう古いので、バッテリーはすぐなくなるし、チャージ額が足りずに改札前でチャージしようとしたら電源入らずとか、いつも気にかけてないといけなかった。

iPhone 6s Plusになくて一番欲しい機能がSUICA使えるApple Payなのでした。ということで買った日すぐ登録しました。

でもここで疑問が。明日改札初めてiPhone 7 Plusで通ることになりますが、果たしてこのまま何も考えずに改札に当てれば通れるの?

ということで一応調べてみると、Apple Payにはエクスプレスカード設定というものがあり、それに設定しておくと、Apple Payを立ち上げなくても機能するとのこと。なるほど、よく考えられてますね。

ということで明日改札通るのが楽しみです。

ダイソー液晶保護強化ガラス

IMG_0503

昨日注文したiPhoneケースは届いたのですが、保護フィルムは明日到着予定。うーん、とりあえずまた、ダイソーで100円のフィルム買ってきますかと買ってきたのはフィルムではなく、強化ガラス。いまどきは強化ガラスのフィルムまで100円で買えちゃうんですね。

以前5sの時は強化ガラスフィルムを使っていました。この手のものはそこそこの値段するくせに、硬いものがあたると端がボロボロと欠けてきたりする。それなので、今回もフィルム注文したわけですが、それが届くまでの一時的使用なので強化ガラスフィルムを買ってみて早速装着。うーん、正直こんなのが100円なんてすごすぎる。

これ欠けたりするまで使うことにします。

iPhone 7 Plus用ケースとフィルム

iPhone 7 Plusにはとりあえず6s Plus用のケースをつけて本体保護してますが、カメラレンズの位置とか合わないのでAmazonでよさそうなものを探して注文しました。

レイ・アウト iPhone7 Plus ケース TPUソフトケース ウルトラクリア/クリア RT-P13TC3/C

909円です。

いつもiPhoneのケースは今回のようなTPU(熱可塑性ポリウレタン)で作られたソフトケース一択です。完全に保護しか目的としないのでハードケース系は衝撃吸収に不安があり選びません。

今回注文したものはクリアなので、iPhone 7 Plus REDの綺麗な赤が映えそうで期待。

ついでに液晶保護フィルムも注文しました。これまで6s Plusの時はちゃんとしたフィルム買うまでの間のつもりでダイソーのフィルム買って結局最後まで使い続け、ちゃんと画面を保護してくれたとは思うのですが、フィルム自体はキズ、デコボコなど見た目がねぇ。ということで注文したのは、

レイ・アウト iPhone8 Plus / iPhone7 Plus フィルム 指紋防止 薄型 高光沢 RT-P15FT/UC

667円です。

iPhone 7 Plus (PRODUCT)RED Special Edition 256GB

iPhone 7 Plus (PRODUCT)RED Special Edition 256GB

iPhone機種変更してきました。

欲しい欲しい、でも気づいた時にはもう手遅れで、どこにも多分在庫なしだろうと覚悟しつつ、探しにいったのは、iPhone 7 Plus (PRODUCT)RED Special Edition 256GB。8出た時に販売終了してたようですが、もしかしたらau HONJOWASEDAはKDDI直営店なので、在庫あったりしないかなぁ、と行ってみると。

REDはやはりないとのこと。ただし、それ以外の7 Plusはあるようでした。どこにももう、在庫ないんですかねぇと聞くと、auショップは多分どこにもなく、あるとすれば家電量販店とかケータイショップ、この辺だとデンキチとかダカーポあたりにはあるかもとのこと。

ということでデンキチ行くもREDはなし、ダカーポに至っては7 Plusがないとのこと。がっくりしつつ、REDがない場合はジェットブラックと思ってたので、再度au HONJOWASEDAへ。

するとなーんと!REDが2台今日入ってました!お手数かけてすみませーん。と店員さん。

うぉー!お手数なんてとんでもない!デンキチとか行ってる間に入荷か?それよりもREDが今あることにコーフンし、すぐさま機種変更の手続きをしました。多分、今日のこのタイミングでなければ、きっと手に入れられなかったはず。よかったです。まじうれしー

ところでなんで今更8 Plusじゃなくて7 Plusかというと、REDだからというのが一番です。先日ふと人が手にしているREDを初めて見て、なんだこれー!すげーいい色!これ欲しー!ってなったのです。しかも8はつまんない色ばっかり。REDなくてもジェットブラックだったら光沢なので、見た目8っぽく見えて案外ありかもと思ってました。

大して性能(とはいいつつCPUは結構パワーアップしているようですが)・機能に差がない上に、8 Plusじゃなくちゃダメ的な機能がほとんどない。これは店員さんもそう言ってましたね。なので、REDかジェットブラックがなかったら6s Plus使い続けてUQ Mobileあたりに鞍替えもありかなぁーと思ってた次第です。

Layout from Instagram

layout

たまたま見つけた写真アプリのLayout from Instagram。複数の写真を選択して、あらかじめ用意されたいろんな組み合わせのレイアウトを選択するだけで1枚の写真にまとめられるというアプリです。無料です。

レイアウトを選択してから幅を調整したりもできてすごく便利。これは間違いなく常用するでしょう。

Bluetoothイヤホン HS-R3

IMG_9557

昨日のタイムセールでまたBluetoothイヤホンを注文して、今日届きました。

HOT SKY 【超ミニワイヤレスイヤホン】 高音質 ワンボダン設計 Bluetooth マイク付き R3

もう結構Bluetoothイヤホンたくさんあるので、要るかと言われたら要らないもんなんですが、これまでのと違うのは左右間のケーブルもないというところです。スペック自体はBluetooth 4.1+EDR、CSR4.0チップ内蔵、CVC6.0ノイズキャンセリング搭載など、最近のはみんなこれ!というごく標準的なものです。キャリング用ポーチがついているのがいいですね。

ただーし!「タイミングプレゼント:本製品を購入すると、【スマホ用の3in1魚眼レンズ】一個無料でいただける取り得!在庫数量限定。」なーんて書いてあるけど、入ってないだろうなぁと予想してたらやはりそのとおり。入ってません。まぁ同じようなの持ってるからむしろ入ってなくてよかったくらいですが、これ目当てに買う人いるんではないでしょうかね。こういうところは中華っぽく、在庫数量限定って書いてあるから!って抵抗されておしまいでしょう。

で、早速使ってみました。左右独立しているので、左右別々に充電する必要があります。付属のUSB充電ケーブルは二股になっているので問題ありません。両方のボタンを押し続けると電源が入った後、左右が接続されます。そのあと勝手にペアリングモードに入るのでペアリングすれば完了。なかなか面倒なくできてるなぁという感想です。

早速音楽再生してみました。まぁこの手の安価なBluetoothイヤホンと同じような音質ですね。悪いということはないと思います。ただ他と比べて感じたのは低音が弱いなぁということ。耳に押し付けるとそれなりに聞こえますが、戻すと軽い軽い。シャリシャリした音になってしまいます。ということで耳につけたまま、まわしてみました。するとなんてことでしょう。重低音がなりました。これって独立式だからできるわけですね。他のだとまわすとケーブルもつられてしまうんですから。ここまで低音聞こえると、今まで買った安価なイヤホン中、一番音がいいかも!

それにほんとに独立型ワイヤレスはいい!左右接続のケーブルがないのがこんなに快適なのかと思ってしまいます。

さて、このイヤホン、通常はAmazonで3980円もするんですが、タイムセールではなーんと1507円でした。

ひとつだけ残念なことが。PCのBluetoothアダプタと相性がかなり悪いみたいで、プチプチ切断されてしまいます。iPhoneだと全く問題なし。完全にiPhone用になってしまいそうですが、コードがないんだから外出用には最適ってことです。

格安SIM検討 #3 auアップグレードプログラム

auのアップグレードプログラムの利用条件を再確認してみると、

  • 対象機種を12ヶ月以上利用後機種変更すること
  • 機種変更後の機種でもアップグレードプログラムに継続加入すること
  • 機種変更時、旧機種を回収

なーんと、機種変更後もプログラムに継続加入とは。ちょっと驚きです。逃げられないようにしてるんですねぇ。

それと特典を利用しなかったらプログラム料が戻ってくるというのがいいところで、自分の場合は13ヶ月以上使ったので対象となるわけですが、機種変更時に特典を利用しなかったらということなので、機種変しないかぎり戻ってこないということ。これも盲点でした。

となると、現時点だと、20か月使っていて残債30600円です。プログラム料6000円支払い済みとして、プログラムを使うと、残債がなくなり6000円分au WALEETポイントが戻ってきます。一方iPhone下取りプログラムでは、iPhone 6s Plusの128GBは現時点で35640円での下取りなので、5040円分さらに得となります。ということでプログラムは利用せずに下取りプログラムで機種変更がよさそうです。

ただしポイントは下取りした翌々月下旬にチャージされるとのこと。いうことは、その時点までau使っていないとだめなのか?ということで調べてみると携帯サービスを解約しても引き続きカードは使えるそうな。では携帯サービスを解約後でもキャッシュバックされるのか?うーん、よくわかりません。

まぁ、誰でも割が月950円程度なので、誰でも割解約後10ヶ月以内にキャッシュバックを確認してから格安SIMに乗り換えるのが確実ってことですかね。

格安SIM検討 #2 SPFのこと

格安SIMへの乗り換え準備として、キャリア系メールの置き換え先を考えました。gmailやyahooメールなどでもいいんですが、自前のドメインで使っていないのがあるので、そこにメールを立ち上げることにしました。

やりかたは簡単で、ドメインを選んでそこにメールアドレスを追加するだけです。ただし気になることが。

自前のドメインで運用しているPC系のメールアドレスが1つありますが、そこからiPhone(ezwebのメールアドレス)に送ってもiPhoneでなぜか受信できない現象があり、解決していません。それが分からず、でもそんなに困らないので放置していました。ただし今回のケースはキャリア系メールの置き換えなので、そういう状態のままでは代わりにできない。

ということで調べてみると、「Xserverで管理しているドメインから送信したメールがGmail側ですべて迷惑メールとして判定される」という記事を見つけました。もしかすると同じようにau側で迷惑メールとして判定してしまっているのでは?解決策はDNSへのSPF設定をすることだそうです。SPF(Sender Policy Framework)とは、電子メールの送信元ドメインが詐称されていないかを検査する仕組みで、要はDNSにそのドメインが送信元としてメール送信してもよいIPアドレスを追加し、受信側がそれをチェックするということらしいです。

ということで、設定してみると見事、iPhoneでメールを受信できるようになりました。これで置き換え先のメールアドレスは決定です。サービスなどに登録されているキャリア系メールアドレスをこれからこつこつと新しいアドレスに変更していこうと思います。