カテゴリー別アーカイブ: LEXUS CT

大晦日の振り返り

大晦日です。ということでこの一年、思い出すままに順不同で自分の10大ニュースを振り返ってみたいと思います。

1.母逝く

母が2月に逝きました。ずっと施設に入っていていきなりの連絡でした。アルツハイマー型認知症が長く、全く意思疎通ができない状況が数年続いていましたから、やっと母も楽になれたのかと思います。

2.ココちゃん逝く

うちのねこ3兄弟のココちゃんが逝きました。一番長生きするだろうと思っていたのに一番先でした。

3.IS300h

昨年CT200hを売却後注文していたLEXUS IS300hがやってきました。認定中古車ですがものすごく程度がよかったのと値段がかなり安かったためあえて5年ローンにして購入でした。名前はれくのすけくんです。エコ運転もかなり上達し、IS300hの燃費ランキングは全国総合2位を守っています。つい先日ぶつけたのですが実はぶつけた相手はクルマ。要は事故おこしちゃったんですが運転生活30年以上で自分の責は初めて。

4.財務計画の進行

親会社から今の子会社へ転籍した際、退職金は受け取らず定年退職扱いになるまでおいておくプランを選択したその退職金が今年受け取りになりました。これを機に今年は1Rを2軒売却、残りの1Rのローン金利引き下げと繰上げ返済、自宅ローンの金利引き下げなど、かなりアクティブに老後を考えた財務計画を進行させました。

それでもまだ不安ばかりですが、何もやらないよりよっぽどましです。

5.関東「道の駅」制覇

関東の道の駅スタンプラリー2016に参加。この手のコレクションものには弱いので、毎週のように道の駅を巡り、全部制覇しました。関東以外に、東北、中部、北陸、四国のスタンプラリーにまで手を出していますが、関東制覇によりちょっと休憩モードです。

6.カメラとVR

今年はカメラ系ではLUMIXのGX7MK2が出たので手を出しました。期待していたのは動画での5軸補正で、やっと待っていた機能が満たされ、実用的、かつ画質もそれまでのG7やLX100に比べて明らかに上なので、他のカメラの出番がなくなりました。

それからもうひとつ。THETA SCをゲット。THETAとはRicohが出している360度全天球画像が撮れるカメラのシリーズで、初代THETAは持っていました。ただ、画質に不満がかなりあったため、眠っている状態でした。そこにメスを入れたのがVR、バーチャルリアリティーです。Fくんと飲んでるときに、THETAの画像ってVRメガネで見たら360度でバーチャルリアリティー体験できるのかという疑問がわき、試したら見れたのです。ちょうどそのころTHETAの新モデルSCが出るということで、初代より画質も相当向上していることが分かったので購入しました。

7.ビストロ

初めてのオーブンレンジが登場です。自炊のレパートリーが増えました。

8.出生のひみつ

弟が母の着物を嫁さんに使えるかどうか見せるためにタンスを整理中に見つけた、自分のへその緒。化粧箱に入っていて、生まれた時間、身長、体重、病院などが記載されていました。自分のことなのに知らないことが分かって少し感動しました。

9.帰還困難区域通過

福島原発事故の影響で指定された帰還困難区域に意図せず突入、通過したときの風景は忘れられません。あまりに現実離れした、映画でも見ているかのような感じで大変なショックを受けました。被爆したかもしれないという不安がありましたが、見られるなら見ておくべき風景だとも思います。

10.掃除

ごちゃごちゃしてどうしようもなかった庭がきれいになりました。木もばっさり採断されて、その始末のためにガーデンシュレッダーを買ったり、今後もこの綺麗さを保つためにヘッジトリマーを買ったり。庭がきれいになると家の中もきれいにしたいなぁと思い、スチームクリーナー買ったり。

これら以外にもkotoriz号作ったり、NAS導入したりとコンピュータ系にも変化がありました。今年は四国にも一度行きました。なにより今年は今までとは比べ物にならないくらい早かった。こんな調子で今後も進むとあっという間にお迎えがきそうですが、これからはより一層充実できるよう生きていきたいなとおもっちょります。

お世話になった皆さま、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

れくた君売れたそうです

代車たち

カーチスさんが代車を引き取りに来る前に、レクサスから借りたアリオンと並んで写真撮影しました。

一応マイカーライフの一部を担ってくれた訳ですから。思えば代車の乗り継ぎというのは初めてですね。

ということでカーチスさんが引き取りに来ましたが、なんと、れくた君こと、CT200hはもう売れたそうです!よかったねー、れくた君!担当さん曰く、やはりブラック、正確にはブラックオパールマイカですが、あまり走ってなくてブラックというのが強いそうです。へぇー、ディーラーだと48000キロなんて走りすぎの感があるけれど、中古車市場だと走ってない部類に入るんですねぇ。シルバーとかだと20-30万は下がるとも。ちなみにCTは女性に人気だそうです。あとあの時決めたのがよかったそうで、今現在、一月引き取りで査定しているCTは180万だって。

ということで2シーズン、れくた君と共に冬を過ごしたスタッドレスと代車のキューブにお別れしました。ありがとさんでした。

スタッドレス

IS用スタッドレス

クルマはまだ来ないのに先に来たIS300h用の16inchレクサス純正ホイールとアイスガードIG50。置くところがなくて玄関に置いていたのですが、今日はカーチスさんが代車とCT200hで使っていたスタッドレスを引き取りに来るので、タイヤラックが空きます。

その前に外に出して写真撮って傷などをチェック。多少の傷はありますがこの程度は新品買っても自分ですぐ付けちゃうくらいのものです。やはり全く問題なしの状態。

あとは実車に着けて走ってみるだけですが、まだまだ先です。

忘年会とスタッドレス

昨日に続き今日も忘年会。店は日本橋蠣殻町にある梢というお店です。今日は自分の仕事を発注してくれている部門の忘年会です。

今日のブログのタイトルは忘年会とスタッドレスですが、なんでかというと、忘年会の途中、ヤフオクでスタッドレスを落札したから。前にも書いた16inchの純正ホイールに結構山が残っている美品らしいものが75600円で出品されていて、誰も落札せずに一旦は期間終了、再出品となっていたのでした。

ここまで粘った理由は、れくた君こと、CT200hが無事に引き渡されることと、IS300hのローン審査が通ること、この2点を満たさないと、万が一ということもなくはないので。昼間にIS300hのローン審査結果をディーラーに確認してみたら、実は申し込んだ時点でOKだったとのこと。ついでにIS300hの納車は年末で立て込んでて年内納車は難しいので代車だすからそれでいいかとのこと。すこし残念ですが、代車があればいいか、その分クルマ代かからないし。

それともう1点、同じタイミングで今日終了予定の17inchの純正ホイールが50000円で出品されていたので、それに入札しようと思っていたのでした。でも結局入札し忘れたのですが。結果をみると9万以上で終了していたので結局出番なしでした。ということで今日即決したということです。

昨日泊まったので最後まで今日も泊まるか迷いましたが、結局帰ってきました。

さよなられくた君

最後のツーショット

今日はれくた君こと、CT200hとお別れの日。昼間もビデオ撮ったり自宅前で記念撮影したりしました。最後の日なのでどこかにドライブとも考えていたのですが、結局行かずでした。

CT200h、ホントにいいクルマで今までの愛車の中でもイチバンの相棒だったかもしれません。とにかく一緒にどこかへ行きまくりました。約2年半での総走行距離48267km、初めて四国に連れて行ってくれたのもれくた君。高速道路をもったいないと思わせて急ぎでないときは一般道でと思わせるほどの低燃費で、通算平均燃費は22.7km/L(車載コンピュータによる測定データ)、月間平均燃費の最高記録は25.8km/Lでした。100kmあれば一般道で27km/L出すのもカンタンというくらいエコ運転スキルが納車時とは全然違うため、最初からそのスキルがついていたら通算で24km/Lはイケたのではないかと思います。

最後はクルマ買取業者のカーチスさんまでのドライブ。到着して個人情報削除とG-Link解約をしました。あぁ、これで誰かのものになっていくんだなという感覚がわきました。クルマを手放すときはいつも感傷的になりますが、れくた君の場合は他のクルマたちと少し感覚が違ったかな。これでもうさよならだ、もう会えないんだ、みたいなのがそれほど強くないというか。それはきっとあまりに多くの時間を過ごしすぎて、いて当たり前な空気みたいな存在となり、いなくなるという実感が薄いのだろうと思います。

これまでは大抵、クルマを替えるときは次の相棒が同じ場所にいて、それを見た瞬間すっかり気持ちは新しいクルマに行ってしまうのですが、今回は違います。次の相棒がまだ来ないのでそれまでは代車。気持ちはまだ残るはずなのに。

ということで店で手続きを終え、最後は記念撮影。ありがとう、れくた君。素晴らしい次のパートナーに巡り合えるといいね。

ということで代車はキューブ。じゅんきちさんが乗ってるのと同じクルマです。夜はけぶじゅんさんたちと夕飯に出かけたのですが、開口一番、クルマどうした?です。うん、壊れたから代車っていうことにしときました。

利用可能額変更

ちょっとした思いつき。IS300hの頭金はCT200hの売却金を充てるのですが、これを現金ではなくカードで支払えばポイントがたまるなぁ。

早速リクルートカードの利用可能額を調べた見たところ、うーん、頭金の半分にも届きません。ということでもう少し調べてみると、利用可能額変更で一時増額ができるそうなのでWebにて申し込んでみました。しかしその場では処理できず電話で申し込む必要があるとのことです。早速電話して申し込みましたが審査の結果は22日で、電話をくれるとのことです。

承認されれば、頭金200万なので、リクルートポイントがなーんと40000ポイントももらえることになります。つまり次のお遍路さんの旅は全額ポイントで賄えることになるので、すごく期待しているのですが、どうでしょうねぇ。

IS用スタッドレス

IS300hを注文したので、スタッドレスの検討を始めました。社外品だと空気圧警告表示が出ますよと聞いていたので、ヤフオクの中古ないかなぁと探してみると、ちょうど同じ16inchの純正ホイールに結構山が残っている美品らしいものが75600円で出ています。送料は無料。要は70000円+消費税ということですね。即決75600円なので新品をディーラーで頼んで20万以上と比べれば中古でも多少綺麗な程度で問題ありません。

が事は慎重に。注文したけどローンの審査が通らないとだめだし、CT200hを手渡し入金されるまではということで入札はしませんでした。そのうちに誰かに落札されるかもしれませんが仕方なし。

IS300h注文!

午後半休取って、レクサス店についたのは18時、高速使わずにちょうど予約時間に到着しました。ということで早速担当SCさんとCPO(認定中古車)のIS300hの注文手続きを始めたのですが、ホントにこれでいいんですか?みたいに聞いてくるので、なんで?こんなにいいクルマなのにって感じです。それが新車を売りたいからという感じじゃないんですよね。長い目で見ればNX300hの新車買った方がトータルでは出費がほとんど変わらないという感じだからなんですね。仰ることは分かりますけど、結局それが新車と中古車の価格差なわけで、その価格差を今負担するのは当初の考えに反してしまうわけです。それにNX300hの方が燃費が悪い。

今回買うつもりのIS300hの実車がことのほか状態がよく、欲しいオプションである、プリクラッシュセイフティシステム+レーダークルーズコントロール、クリアランス・ソナーがついてて走行距離も14,737km、車検は2017年8月、IS買うならこの色と思っていたソニックチタニウムの外装色、この色は日本流行色協会が主催する自動車カラーデザインコンテストの「オートカラーアウォード2014」のグランプリに選ばれたもの!そして内装色は年次改良で追加されたムーンストーンという色?、もしかしたらアイボリーかもですが、先日見たときに、LS460乗ってた時を思い出させる、パッと見が白いシートが上品です。

そしてなにより、2014年の年次改良後のモデルなのが大きいです。IS300hベースモデルに関してはこの年次改良で、以下の改良がされています。

  • フォグランプをLED化
  • ミラーをオート電動格納式、自動防眩、鏡面リバース連動ラストメモリー付チルトダウン化
  • フロントコンソールサイドのニーパッド(膝あてですね)を追加
  • タイヤ空気圧警告表示を追加
  • そのほかインテリアの質感アップなど

といった感じで、他人が15000km程度乗ってただけで120万値段が落ちているところがいいのです。ということで、なんとか年内に納車してねとお願いしつつ注文です。

支払いはCT200hが2,101,600円で買い取ってもらえるのでそこから200万を頭金(残りはスタッドレスに回します)として、端数の134,046円を今日カードで支払い、残りは5年ローンです。月2万、ボーナス加算10万。CT200hが高く売れるので随分支払いも楽な感じになりました。またたばこ増税の話が出てるようなのでこれを機にやめればちょうどいいでしょう!

CT200h一括査定

先日申し込んだクルマの一括査定の日がやってきました。今回の査定に名乗りを挙げたのは、カウカウさん、カーチスさん、ガリバーさん、ビッグモーターさんの4業者です。結果としてほぼ同じ時間帯になったため、次々と訪問となり、最後は皆さんはちあわせですが、結構そういうのって多いらしいし、ライバル社同士和気あいあいとやってるようにも見えました。言いたいことだけ言って査定中は待機です。

途中で呼ばれて聞かれたことが。フロントのナンバープレートのところが割れてるのはどうしたのかと。えっ!そんなの知らないよ!って感じで一緒にみると、ガーン!ナンバーフレームが割れててナンバープレートも曲がってました。バンパーにもフレームが持ち上がった時にこすったような傷。なんでこの絶妙なタイミングで。れくた君が寂しがってるの?あー、この分査定落ちちゃうのかとガッカリ。まあ事故ではないので交換代程度でしょうとの話ですが。昨日まで旅行でずっと駅の駐車場に停めて、今朝帰ってきたのでその間にやられたのか?まぁでも考えようによってはその程度で済んでよかったかも。

スタッドレスタイヤとホイールもプラスになるそうです。ディーラーだとゴミかもしれませんが。

ディーラーでの査定額も聞いてきます。それに対して最低いくらだったら決めてくれるかということなのですが、足元見られそうなのであまり言いたくはなかったんですが、175万だったので180万以上だったら、一番高いところに決めるとしました。ムリかなとは思いつつもホントは200万くらい欲しいのだけれど。

ディーラーに今週末契約したらいつ納車になるかも聞いてと言われたので電話して聞きました。年末間に合うか、年越しちゃうかもという感じです。ついでにナンバーフレームやられましたと伝えると、驚く返答が!この間査定したときも割れてましたよー、だって。マジか。意外に気づかないもんだなぁ、逆にいえばやはりその程度なのかもしれません。

ということで皆さんデータを送ったりして本部とやりとりタイム突入です。出揃ったら呼びますということで、すっかりオークションみたいになりました。各担当者が査定額を名刺の裏に書いてまとめてもらう形式です。うーん、楽しいかも。

しばらくして呼ばれていよいよ開札。4枚の名刺全部受け取ってからまとめて裏返しました。ドキドキしますねぇと言ったら、こちらの方がドキドキしてますだって。そしていよいよ査定額が目に飛び込んできました。すると、えっ?っというような数字が!そうです、いい意味でのいい数字が並んでます。一番低いところでも192万、次はここでもう200万越えの201万代、その次が205万代、そして最も高額が驚きの210万越えでした。これは年末ならではの数字ですかと聞くと、いやCTというクルマですねとのこと。CTって人気あるんだなぁ。いくら2013年式と新しめの年式と言っても、47000キロ以上走ってるクルマです。マジかこの数字。ほんとびっくりです。ということでどこの業者さんも頑張ってくれました。これでローンも随分楽になるなぁとにやにやしつつ、早速一番の業者さんと契約しました。ということでオークション落札したのは、カーチスさんでした。ぱちぱち!